精力増強とデカマラ化 【アルギニン×シトルリン】の増大効果は本当?

あなたはこんな悩みを感じたことはないでしょうか?

  • 最近は性欲がわかない
  • ペニスに元気がなくて 硬くも大きくもならない
  • 疲れすぎていて その気にならない
デ・カマラのアイコン画像デ・カマラ

僕はあります!!

イレーヌ・ソチンのアイコン画像イレーヌ・ソチン

やっぱり。。。(^_^;)

デ・カマラのアイコン画像デ・カマラ

ええ、
まさしく悩める中高年のオッサンです。。。

さてこの記事では、私とおなじ悩みを共有できるであろう読者の皆様(←勝手な思い込み)に「L-アルギニン」と「L-シトルリン」に期待される効果について専門的かつ科学的に、でもわかりやすくご説明していきます。

私と同じような悩みをお持ちの方はもちろん、「L-アルギニン」と「L-シトルリン」って体に良さそうだけど、ホントのところどうなの?と思っている方は、ぜひご覧ください。

【おことわり】
当サイトでご紹介している「精力剤」「精力サプリ」などの効果は保証されていません。
実感できる効果は使用者によって違いがあるためご自身にあったものを選ぶ必要があります。
当サイトでご紹介している情報が選択のお役に立てば幸いです。

目次

「疲れやすい」「精力減退」「モノが使い物にならない」その原因は?

老化は誰にでもおこる現象で、20代のころはものすごくバイタリティのあった人でも、30代、40代、50代と年齢を重ねれば重ねる程、自分の衰えを感じる機会が増えると思います。

特に感じやすいのが「疲れがとれない」、「精力が減退して”モノ”が使いものにならずパートナーと夜の営みができない」といった悩みではないでしょうか?

これらの悩みの原因は様々で、「仕事が忙しすぎてへとへと」や「何かのトラブルに見舞われてメンタル的にキツい」といった理由も多いかと思います。

しかし特に思い当たる事がないとしたら、それは体内の「L-アルギニン」と「L-シトルリン」が不足しているせいかもしれません。

「L-アルギニン」と「L-シトルリン」はヒトの体内で重要な役割を果たしているにもかかわらず、20代をピークに年齢とともに減少してしまうので、年齢を重ねれば重ねるほどその恩恵を受けにくくなるからです。

イレーヌ・ソチンのアイコン画像イレーヌ・ソチン

ヤガテはオッサンだから かなり少なくなっているわね。

デ・カマラのアイコン画像デ・カマラ

人のこと言えないでしょ。。。

「L-アルギニン」って何?という方のために【役割と効果的な理由】

ここでは少し専門的なお話をします。苦手な方は読み飛ばして頂いても大丈夫ですが、読んで頂ければ「L-アルギニン」と「L-シトルリン」の重要性に関して「なるほど!」と思ってもらえるはずです。

L-アルギニンはアミノ酸の一種です。

ヒトの体の維持に関係しているアミノ酸は約20種類あり「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」の2種類に分類されていますが、L-アルギニンは特殊なアミノ酸で「準必須アミノ酸」と言われています。

必須アミノ酸
  • ヒトの体内では合成されないアミノ酸
  • 体内でつくる事ができないので食べ物から必ず補給しなければならない
非必須アミノ酸
  • ヒトの体内で合成されるアミノ酸
  • 体内でつくられるので不足分だけを食べ物から摂取すれば良い

ちなみにL-アルギニンは体内でつくられるアミノ酸なので、本来は「非必須アミノ酸」に分類されるのですが、体内での消費量に比べて合成される量が少ないため不足しがちなアミノ酸と言われており、そのため「準必須アミノ酸」として分類されています。

つまり、L-アルギニンは食べ物やサプリメントから積極的に補充する必要がある栄養素なのです。

イレーヌ・ソチンのアイコン画像イレーヌ・ソチン

補充の必要がある事は分ったけどどんな役割があるの?

デ・カマラのアイコン画像デ・カマラ

じゃあ、次はL-アルギンの役割について説明しようか。

L-アルギニンは体内でどの様な役割を果たしているのでしょうか?

まず分かりやすい役割として、精子数を増やしその活動を促進する役割があります。

L-アルギニンが精子の成熟に必要な成長ホルモンを分泌・促進させ、その結果として精子数を増やし、精子の運動に重要な働きをするポリアミンを生成します。

またL-アルギニンには「疲労回復」という別の重要な役割もあります。

詳細は省きますが、ヒトが活動すると体内には「アンモニア」が増加します。
そしてこのアンモニアが疲労を感じる原因物質の1つだったりします。

アンモニアが体内に残るのは生命維持のうえで好ましくないので、ヒトの体にはアンモニアを「尿素」という別の物質に変える仕組みが備わっています。

この仕組みの中で「アンモニア」を「尿素」に変える過程に深く関わっているのがL-アルギニンなのです。

ちなみに、この仕組みは「オルニチン回路(尿素回路)」と呼ばれており、

オルニチン→L-シトルリン→アルギニノコハク酸→L-アルギニン→(オルニチンに戻る)

という生化学反応サイクルを繰り返す事によりアンモニアを尿素に変換しています。
(オルニチン→L-シトルリンの反応のタイミングでアンモニアを含んだ分子が回路内に取り込まれ、L-アルギニン→オルニチンの反応で回路から尿素として放出されます)

「L-シトルリン」はどんな物質?体内での役割と効果的な理由

イレーヌ・ソチンのアイコン画像イレーヌ・ソチン

あれ、同じオルニチン回路の中に「L-シトルリン」もあるよ。

デ・カマラのアイコン画像デ・カマラ

その通り!
だからL-アルギンだけじゃなく、L-シトルリンも同時に摂取することでオルニチン回路がさらに活性化されて疲労回復効果が高まるんだ!!

デ・カマラのアイコン画像デ・カマラ

ところで、L-シトルリンには他に「血管拡張作用」っていう効果があるんだけど知ってる?

イレーヌ・ソチンのアイコン画像イレーヌ・ソチン

・・・・・・知らない。。。

L-シトルリンを摂取すると「血管拡張作用」で全身の血流が良くなる事が知られています。

体内のL-シトルリンが増えると「一酸化窒素(NO)」も増えるのですが、一酸化窒素には血管を拡張して血流を向上させる効果があるのです。

体内の血流が良くなるという事は、ペニスの海綿体に十分な血液が送られる事になりますので、いざという時に。。。

デ・カマラのアイコン画像デ・カマラ

デカっ!!

イレーヌ・ソチンのアイコン画像イレーヌ・ソチン

まあ、素敵!!💛💛💛

となる可能性が高まります。

「可能性が高まる」と微妙な表現をしているのは、誰にでも確実に効果があるとは限らず、実感できるかどうかは人それぞれだからです。

「精力サプリ」の効果は人によって違うけど「医薬品」にないメリットがいっぱい!

「L-アルギニン」も「L-シトルリン」も多くの精力サプリに配合されている主要な成分ですが、その名が示す通り「精力サプリ」はあくまでもサプリメントであって「健康食品」に部類されるものです。

「L-アルギニン」と「L-シトルリン」に限った事ではありませんが、サプリメントを使用する場合には、使用者の体質やサプリメントとの相性によって、実感できる効果が異なります。

また、即効性はなく、長い時間をかけて体調を整える事によって、結果的に期待する効果を得る事を目指しています。

そういった観点では、効果が明確に実証されていて即効性もある「医薬品」とは異なります。

その代わり医薬品のような医師の診断と処方の必要がなく、副作用(バイアグラの副作用は有名ですね)の心配もないというメリットがあります。

実際に「L-アルギニン」と「L-シトルリン」に関しては、いまのところ特別な副作用は報告されていません。

イレーヌ・ソチンのアイコン画像イレーヌ・ソチン

即効性はないけど「精力サプリ」でなければ得られないメリットもあるのね!

まとめ

デ・カマラのアイコン画像デ・カマラ

最後に「L-アルギニン」と「L-シトルリン」に関する情報をまとめるよ。

「L-アルギン」と「L-シトルリン」の特徴と期待できる効果
  • どちらの成分も健康維持に重要な役割を果たしている
  • 20代をピークに年齢とともに減少していく
  • 疲労回復を助けてくれる
  • 「L-アルギニン」は精子数を増やし「活動」を促進してくれる
  • 「L-シトルリン」は血流を良くしてくれる(ペニスへの血流も。。。)
  • 上記の特徴や効果の結果「増大」が期待できる

「L-アルギニン」と「L-シトルリン」が配合された精力サプリを継続的に使用すれば、根本的な体質改善による自然な「増大」効果が期待できます。

精力、活力、大きさ、でお悩みの方や、精力サプリメントに興味をお持ちの方はお試しになることをおすすめします。

当サイトでは様々な「精力サプリ」をご紹介していますので、ご興味あれば気になる「精力サプリ」の記事をご参照ください。

下記は当サイトイチ押しの精力サプリ【ヴォルスタービヨンドブラスト】の紹介記事です。

【読者の皆様へ】

いつも当サイトをご覧頂き有難うございます!
当サイトは「正しく」「分かりやすく」「有益な」情報をお届けする事を目指しております。
記事内容に関するご意見やリクエストを【お問い合わせ】からお寄せ頂けると幸いです。

【ブックマーク】【SNSシェア】【お友達への紹介】などご協力頂けますと大変嬉しいです!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる